とらや 東京ミッドタウン店企画展「磁器-ひとつだけのかお-」開催 [2018年2月26日まで]

とらや 東京ミッドタウン店企画展「磁器-ひとつだけのかお-」

今年10周年を迎えた「とらや 東京ミッドタウン店」は、和菓子だけではなく、和の様々な魅力や価値も広く伝えたいという想いから、ギャラリーを併設し企画展を開催しています。

今回は、佐賀県伊万里市に窯を構える文祥窯とのコラボレーションによる「磁器-ひとつだけのかお-」を開催中です。

会場では陶磁器作りの工程や、製造中に偶然あらわれる黒点や、意図しないゆがみなど、磁器ひとつひとつにあらわれる「顔」に注目した丁寧な展示構成で、じっくりと楽しむことができます。

リム角皿 猪目繋ぎ

企画展に合わせ、とらやの小倉羊羹「夜の梅」を題材に、文祥窯が制作した型打ちの磁器の小皿「リム角皿 猪目繋ぎ」が展示販売されます。魔除の文様とされる「猪目文様」(猪の目を模した文様)を配したシンプルであたたかみのあるデザインです。

 


とらや企画展「磁器 -ひとつだけのかお-」

開催期間:2017年11月1日(水)〜2018年2月26日(月)
時間:11:00〜21:00 ※元日は休業
会場:とらや 東京ミッドタウン店ギャラリー(東京ミッドタウン ガレリア地下1階)


 

広告