フィンランド独立100周年記念「フィンランド・デザイン展」が福岡市博物館で開催 [2017年1月14日-3月20日]

フィンランド・デザイン展

 

「森と湖の国」フィンランドの独立100周年を記念して、フィンランド・デザイン展が、2017年1月14日(土)から3月20日(月・祝)まで、福岡市博物館で開催されます。

本展では、アルヴァ・アアルトやカイ・フランクをはじめ、自然と人間との調和に重きを置き、永く愛され日常で使われ続けるシンプルな作品を生み出してきたフィンランドのデザイナーたち、デザイナーを支え育ててきた企業などに焦点を当て、独立以前の装飾芸術から現在までの100年に及ぶフィンランド・デザインを6つのセクションに分けて紹介します。

時代が変わっても廃れることなく、技術の進歩や新しい動向に合わせてしなやかにその姿を変え、現在でも未来へとつながる新しいデザインを生み出すフィンランド・デザインの歩みを体系的に見ることができそうです。

アルヴァ・アアルト/カイ・フランク/ティモ・サルパネヴァ/タピオ・ウィルカラ/イルマリ・タピオヴァーラ/トーベ・ヤンソン/エーロ・アールニオ/エーリク・ブルーン/オイバ・トイッカ/石本藤雄/ハッリ・コスキネン 他

 

<会期中のイベント>
●講演会「フィンランド通が語る、フィンランド・デザインの源とフィンランドの楽しみ方」
2017年1月14日(土)13:00-15:00 無料(要申し込み)

 


フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展

会期:2017年1月14日(土)- 3月20日(月・祝)※毎週月曜日休館(3月20日は開館)
時間:午前9時30分~午後5時30分(入館は午後5時まで)
会場:福岡市博物館
観覧料:一般 1,400円
http://finnish-design2017.exhn.jp/


 

広告