有田の手みやげ|秘伝の銘菓「陶助おこし」

陶助おこし

 

有田陶磁器まつりも近づき、有田を訪れる方も増える時期ですが、何か有田のお土産を差し上げようと思ったとき、やきもの以外で適当なものが見つからず、結構頭を悩ませます。

どこにでも売っているわけではないのでおすすめしにくいのですが、もし陶磁器まつりで有田の町を散策しているなら、泉山エリアの大イチョウの広場へ立ち寄ってみてください。脇に逸れる小道にひっそりと店を構えるのが、知る人ぞ知る有田名物「陶助おこし」を作る前田陶助堂です。

陶助おこしは、一般的なおこしよりもふんわり柔らかく、一口でほおばるには大きいサイズ。ショウガの風味が特徴で、水飴のとろりとする感じがほのかに残っています。そのせいか、表面を今は懐かしいオブラートで包んでいるのも珍しいですよね。

材料の配合などは門外不出の秘伝なのだそうです。一日に作れる数百個のみを、宣伝等も一切行わず店頭で直売しています。

 

陶助おこし

 

買いに行った日も店頭には誰もおらず、声をかけると奥からお母さんがでてきて「いくつ持っていく?」と、ビニール袋に無造作に詰めてくれました。賞味期限は約二週間。できたてで食べたのと数日たって食べたのでは味や食感が変わるように感じました。どちらも美味しいけれど、私は数日たったほうが美味しく感じました。1ケ:70円です。有田ならではのお土産を探している方にオススメです。

 


前田陶助堂「陶助おこし」
佐賀県西松浦郡有田町泉山1-16-12
TEL:0955-42-4411


 

広告