「KIGI EXHIBITION」福岡のアルティアムで開催 [2015年12月12日-2016年1月17日]

KIGI《時間の標本》

 

アートディレクター植原亮輔と渡邉良重によるクリエイティブユニットKIGI(キギ)の個展が、福岡の三菱地所アルティアムで開催されています。

KIGI(キギ)といえば、デザイン会社「DRAFT(ドラフト)」から独立して3年。滋賀の伝統工芸の職人達と立ち上げたブランド「KIKOF(キコフ)」(2014年〜)の信楽焼や、ほぼ日と共に立ち上げた洋服のブランド「CACUMA(カクマ)」(2013年〜)など,あらゆるジャンルを横断しながら,グラフィックの新しいあり方を探し出し続けています。

ドラフト在籍時代には、D-BROSから波佐見焼で、トリックアートのようなカップ&ソーサーも発表しましたよね。

そして、2015年7月、東京白金の住宅地の一角にオリジナルショップ&ギャラリー「OUR FAVOURITE SHOP」をオープンさせ、その活動の幅はどんどん広がっています。

 

今回の個展は、二人の仕事を複合的に俯瞰できる〈 いま・現在進行形のKIGI 〉の姿を伝える内容になっているとのこと。

植原さんのFacebookでちらりと拝見したところによると、古い書物から切り抜かれた蝶のインスタレーション作品《時間の標本》や、ラムネ瓶型のガラスに鉱石を閉じこめた作品《時間の標本 #002》、《KIKOF》などが展示される模様。その他、どんな展示になっているのか楽しみですね。

 

これまで各展覧会で少しずつ変化を加えてきた代表的なインスタレーション作品《時間の標本》は、東京にいた頃、「PAPER ‐紙と私の新しいかたち‐展」(2013年)や、続・キギ展 「集合と拡散」(2013年)でも取材させていただきました。
「PAPER ‐紙と私の新しいかたち‐展」のレポートはこちら

KIKOFもお披露目当初は、「器湖(キコ)」だったんです。
プレス発表時の様子はこちら

 

本展に合わせ、福岡・天神エリア7箇所でサテライト展示が開催されるとのこと。同時にお買い物も楽しめそうですね。
KIGI展サテライト会場MAPはこちら

 


KIGI EXHIBITION in FUKUOKA

会期:2015年12月12日(土)~2016年01月17日(日) ※12/31、2016年1/1は休館
時間:10:00~20:00
会場:三菱地所アルティアム 福岡県福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8F
料金:400円
http://artium.jp/exhibition/2015/15-08-kigi/


 

広告