ドイツを代表するデザイナー、ステファン・ディーツが佐賀大学で講演会 [10月25日]

ステファン・ディーツ講演会(佐賀大学)

 

有田焼創業400年事業のひとつ「2016/ project」に参加しているデザイナーの講演会シリーズ第二弾。

インゲヤード・ローマンに続き、今度はドイツを代表するデザイナー、ステファン・ディーツが来日し、10月25日、佐賀大学で講演会を開催します。

ドイツe15のためにデザインした家具や、HAYから発表されているシェルフのシリーズ「NEW ORDER」も好評なステファン・ディーツ。ジャパンクリエイティブのプロジェクトで進行している老舗竹屋の虎斑竹専門店「竹虎」とのコラボレーションは、ストックホルム・ファニチャー・フェアでも話題となりました。

同じくドイツ人デザイナー、リチャード・サッパーやコンスタンチン・グルチッチのアシスタントを務め、素材と技術を徹底的に研究して取り組むアプローチから生み出すデザインが特徴です。

今、ドイツで最も注目されているプロダクトデザイナー、ステファン・ディーツの生の声を聞くことができる貴重な機会。

今回も2016/ projectのディレクター・柳原照弘さんがファシリテーターを担当し、制作時の思考プロセスや仕事に対する姿勢など、デザインに対する思いをセッション形式で伺います。

佐世保から佐賀までは、電車で約1時間半。さらに佐賀大学は、佐賀駅から市営バスで約15分。ちょっと遠いけど、せっかくの機会なので行ってきます!

 


ドイツを代表するデザイナー ステファン・ディーツ講演会

日時:2015年10月25日(日)14:00-16:00(13:30開場)
会場:佐賀大学美術館 プロムナード(〒840-8502 佐賀県佐賀市本庄町本庄1番地)
アクセス:[バス]佐賀駅バスセンター4番のりばから佐賀市営バスで約15分・佐大前下車。
※4、11、12、63をご利用ください。
入場:無料 予約不要
ファシリテーター:柳原照弘


 

広告