「糸島クラフトフェス」に行ってきました

糸島クラフトフェス2015

 

近年、ものづくり系作家などの移住者が多いという福岡県糸島。糸島といっても島ではなく、福岡の西の端なのですが、海辺でサーフィンやバーベキューを楽しむリゾートとしても親しまれている地域のようです。

そんな糸島で9月19日から21日までクラフトフェスが開催されているというので、佐世保からはるばる行ってきました。

糸島が人気という話は聞いていたので、行ってみたいと思っていたものの、実際に経路を調べてみるとなかなか遠い。唐津の先なのですが、佐世保からだと一旦福岡まで出た方が早いようです。高速バスで福岡・天神まで約2時間。そこから電車で筑前前原まで約30分。駅前から市内バスを利用して会場となる志摩中央公園までさらに約20分。なんだかんだと3時間以上かけてやっと糸島の会場入りです。

 

 

時刻はすでにお昼なので、まずはランチタイム。クラフトフェスの会場には飲食店も出店しているので、地元の名物またいちの塩を使った豚のコロコロ焼きなど、いつもとは違う屋台を楽しみました。

腹ごしらえのあとはいよいよ見学。木組みの雰囲気のある会場に、木工、革、布、陶器などのクラフト作品が並びます。出展者は糸島の作家に限定しているそうで、地元密着のローカルイベントとして人気のようです。

 

糸島クラフトフェス2015

 

小一時間もあれば回れてしまう規模なので、車があれば近くの海やカフェなんかにも足を伸ばして巡るのがおすすめ。私たちは残念ながら徒歩組なので、やむなく会場だけを見学して天神にとんぼ返りしてきました。

 


第8回 糸島クラフトフェス

会期:2015年9月19-21日
会場:志摩中央公園
http://itofes.com


 

広告