横浜のそごう美術館で「明治有田 超絶の美」展開催 [9月5日-10月4日]

有田焼創業400年記念「明治有田 超絶の美 万国博覧会の時代」

 

超絶技巧の明治の有田焼を紹介する展覧会が、横浜のそごう美術館で開催されます。

日本磁器の発祥の地である有田では、明治時代に入り貿易が自由化されると、新政府の殖産興業政策に乗じて、海外市場開拓のための製品が開発されるようになりました。

細かな絵付けや精微な技巧を凝らした品々は、万国博覧会を中心に高い評価をうけ、国内だけでなくヨーロッパの王族貴族たちに愛されるなど大いに発展していきます。

本展覧会では、近年脚光を浴びる明治時代の有田焼と秘蔵のデザイン画など、初公開50点以上を含む約200点が展示されます。2016年の有田焼創業400年にさきがけてぜひ。

 

-食と器の縁結び-「佐賀県の物産と観光展」ちなみに、同じくそごう横浜店の8階催会場では、9月1日(火)から7日(月)まで、-食と器の縁結び-「佐賀県の物産と観光展」を開催。

有田焼窯元から20窯元が特別出品する「有田豆皿SELLECTION」ほか、唐津の人気作家の新作が一同に揃う、「一番館」の唐津焼ブースも出店するようです。

9月6日(日)15:00〜16:00には、殿山窯の矢野直人さん、有田の浜野まゆみさん、一番館の坂本直樹さんによるギャラリートーク(無料)もあり。横浜へ行かれる方はこちらもお見逃しなく。会期が異なるのでご注意ください。

 

2015年10月16日から、地元有田の九州陶磁文化館で、巡回展示されるようです。

 


有田焼創業400年記念「明治有田 超絶の美 万国博覧会の時代」

会場:そごう美術館(そごう横浜店6階)
会期:2015年9月5日(土)~10月4日(日)※会期中無休 入館は閉館の30分前まで
料金:大人1,000円、大学・高校生800円、中学生以下無料
https://www.sogo-seibu.jp/common/museum/archives/15/arita/index.html


 

広告