京都で「ルーシー・リー、ハンス・コパーと英国陶磁」展開催 [9月19日-12月13日]

かたちのであい  ルーシー・リー、ハンス・コパーと英国陶磁

 

没後20年ということで、全国巡回で注目を集めている「ルーシー・リー展」

見に行きたいのに、どこも遠くて行けないなと思っていたら、別企画ではありますが、京都のアサヒビール大山崎山荘美術館でも、2015年9月19日から12月13日まで、「かたちのであい ルーシー・リー、ハンス・コパーと英国陶磁」が開催されるようです。

大山崎山荘美術館は建物も素敵なので行ってみたいのですが、佐世保からだとこちらも遠くて行けそうにありません。残念。というわけで例のごとく情報のみですが、ご紹介しておきます。

 

オーストリア出身の陶芸家ルーシー・リー(1902-95)と、ドイツ出身の陶芸家ハンス・コパー(1920-81)は、第二次世界大戦の戦禍を逃れてイギリスへ亡命し、長年にわたり同じ工房で働き、ときには共同制作をしながら、それぞれの創作に向きあいました。

本展では、ふたりが生み出した、薄く繊細なかたちの組みあわせが特徴的なやきものに焦点を当てて展示。加えて、彼らをとり巻いていた英国陶磁の状況も鑑み、素朴かつ重厚で力強いかたちのやきものを創作したバーナード・リーチ(1887-1979)や濱田庄司(1894-1978)らとの出会いも紹介します。

ルーシー・リーの《壺》(1965年頃)や、ハンス・コパーの《花生》(1963年)などの代表作や、バーナード・リーチの大作《スリップウェアグリフィン図大皿》(1952年頃)、濱田庄司の《白釉胴紐注瓶(はくゆうどうひもちゅうへい)》(1955年)、18世紀の《イギリス スリップウェア鉢》など、あわせて約95点を公開。

会場となる、安藤忠雄氏設計の「夢の箱」(大山崎山荘美術館の山手館)の建築とともに楽しみたい展示です。

 


かたちのであい
ルーシー・リー、ハンス・コパーと英国陶磁

会期:2015年9月19日(土)-2015年12月13日(日) ※月曜休館
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館
料金:大人900円、大学・高校生500円、中学生以下無料
http://www.asahibeer-oyamazaki.com/tokubetu/30124/


 

広告