長崎県窯業技術センターで、「WEBサイトの重要性と活用法」セミナー開催

長崎県窯業技術センター

 

佐世保に引っ越してきて、まず思ったのが、情報発信している企業が少ないなということです。

街を歩いていて、気になったお店があったとき、ネットで調べてみても情報が出てこない。ホームページをもっていないというお店がなんと多いことか。

あったと思って詳細を見ると、電話帳的大手サイトに、住所や電話番号が拾われているのみ。参考になるような、欲しい情報はありません。

気になったことはなんでも検索して調べるという行動が日常的に行われている時代なのに、情報を発信するということの重要性がまだ根付いていないんだなということを感じる日々でした。

 

長崎県窯業技術センター02

そんなとき、長崎県窯業技術センターの方から、WEBサイトの活用に関する相談をいただき、お話を伺う機会がありました。波佐見焼、三河内焼の産地の皆さんの間でも、いろいろとお悩みがあるご様子。

確かに東京から引っ越してきてフリーランスで事業を始めてから、WEBコンサルの相談を受けることが増えていて、皆さん、どうやってWEBサイトを活用すればいいのか、相談する人がいなくて困っているケースが多いようです。

そんなこんなでお話するうちに、微力ながら、セミナーを開催させていただくことに!

基礎編では、ビジネスにつなげるWEBサイトのあり方や、基本的な取り組みの姿勢などを。応用編では、検索キーワードやトレンドデザイン、コンテンツマーケティングなどの事例を通して、集客できるサイトの作り方について考えてみたいと思っています。

 

思えば、約一年前、佐世保に引っ越してきたばかりの頃、長崎出身の伝統技術ディレクター、立川裕大さんとお会いする機会があり、せっかく長崎にいるのだからと長崎県窯業技術センターの方につないでいただいたのがきっかけでした。

私自身、産地のためにできることがあればと考えていたので、こうしたご縁をいただき、地方からの情報発信を、もっと活性化させていくお手伝いができれば嬉しいです。

 

●基礎編の報告(長崎県窯業技術センター)
http://www.pref.nagasaki.jp/yogyo/news/detail.php?kubun=1&no=524
●応用編の報告(長崎県窯業技術センター)
http://www.pref.nagasaki.jp/yogyo/news/detail.php?kubun=1&no=526

広告