佐世保で「アメリカン・ポップアート展」開催 [7月18日-8月31日]

アメリカン・ポップアート展

 

米海軍佐世保基地があり、約5,000人の関係者が暮らす佐世保。

毎年、アメリカン・タウン・フェスティバルが開催されるなど交流も盛んな佐世保で初めて、アメリカン・ポップアートの作品展が開催されます。

1950年代にイギリスで誕生し、1960年代にアメリカで全盛をむかえた「ポップアート」。

アンディ・ウォーホル、ロイ・リキテンスタインをはじめとするアメリカのアーティストたちは、商品のイメージやオブジェ、新聞、漫画、広告といったメディアの手法を柔軟に取り入れることで、社会情勢や自分の経験をそのまま作品に表現し、アメリカにおける大量生産と大量消費という時代性をイメージ化することに成功しました。

本展ではアメリカン・ポップアートの作品46点を佐世保で初めて展示。アート・シーンから見たアメリカを紹介します。

 


アメリカン・ポップアート展

会期:2015年7月18日(土曜日)~8月31日(月曜日)※休館日なし
会場:佐世保市博物館島瀬美術センター
観覧料:一般1,000円、大高生800円
http://www.city.sasebo.lg.jp/kyouiku/simano/kikakuten/popart.html


 

広告