佐賀出身デザイナー・吉岡徳仁の個展「トルネード」佐賀県立美術館で開催 [7月2日-8月2日]

吉岡徳仁展 ― トルネード

 

デザインの領域を越えた自由な着想と実験的な創作で、国内外から注目を集める世界的デザイナー・吉岡徳仁さん。実は佐賀県出身だってご存知でしたか?

さらにあまり知られていないのが、その出身校。白山陶器で有名なデザイナー故・森正洋さんも通った有田工業高校の出身です。校内には代表作「Honey-pop」の展示もされているとか。

そんな佐賀に由来のある徳仁さんの九州初の個展「吉岡徳仁展 ― トルネード」が、2015年7月2日から8月2日まで、佐賀県立美術館で開催されます。

タイトルにもなっている「TORNADO(トルネード)」は、200万本を超える透明なストローで、竜巻のように空間を覆い尽くすインスタレーション。

その他、2001年に発表し世界の注目を浴びた紙の椅子「Honey-pop」をはじめ、パリ・オルセー美術館にも常設展示されているガラスのベンチ「Water Block」、自然構造の結晶によって生み出された椅子「VENUS」など、代表作の数々を見ることができます。

徳仁さんの作品は、2013年に東京で開催された大規模個展「吉岡徳仁 ─ クリスタライズ」の取材で拝見したのですが、また佐賀で見られるなんて懐かしいです。

東京都現代美術館で開催された個展「吉岡徳仁 ─ クリスタライズ」の様子はこちら
http://www.japandesign.ne.jp/editors/view205/

今回、徳仁さんの出身地・佐賀で行われる個展は、佐賀県立美術館のリニューアルオープンを記念したもの。7月2日には、ご本人によるギャラリートークも開催されるようなのでお楽しみに。

 


吉岡徳仁展 ― トルネード

会期:2015年7月2日~8月2日
会場:佐賀県立美術館
時間:9:00-18:00
休館日:月曜日 ※7月20日(月・祝)開館、翌21日(火)休館
入館料:無料
http://saga-museum.jp/museum/exhibition/limited/2015/06/000653.html


 

広告