佐世保の手みやげ|長崎ひのひかりサブレ「作咲米菓(さくさくまいか)」

長崎ひのひかりサブレ「作咲米菓(さくさくまいか)」

 

佐世保駅前の商業施設「えきマチ1丁目」とスーパー「エレナ」の間にある「路地裏 さいかい堂」。立地がいいので、東京に帰るときの手みやげは、良くここで調達します。

いつも購入するのが、長崎県産の米「長崎ひのひかり」の米粉を使ったサブレ「作咲米菓(さくさくまいか)」。(10枚入り:1,350円)

最中の生地に、米粉サブレの生地を絞って焼いた、サクサクと軽い食感の焼き菓子です。甘さも控えめで、食べやすいので年配の方に差し上げても好評でした。

さいかい堂は1910年、和菓子のお店として創業。4代目の店主が洋菓子店で修業を積み、パティスリーとしてリスタートしたのだそう。最中の生地を使ってるあたりに、そんなルーツが感じられるような気がしました。

 


路地裏 さいかい堂

長崎県佐世保市三浦町2-21
0956-76-8438
営業時間 10:00~21:00
http://www.kyushu-cake.com/nagasaki/saikaido/


 

広告