波佐見焼と北欧デザインのコラボレーション「DUKA ―北欧流シンプルな食卓」展

DUKA―北欧流シンプルな食卓

 

東京・六本木のスウェーデン大使館で、2015年3月11日から24日まで「北欧デザイナーによる一汁 一菜の器『DUKA ―北欧流シンプルな食卓』」が開催されています。

日本の食文化「飯と汁」に着目し、北欧デザイナーたちが和食の基本である「一汁一菜」のための飯碗、小皿、箸置きを、波佐見焼で作り上げるプロジェクトです。

展覧会タイトルの「DUKA(デューカ)」とは、「テーブルセッティングをする」という意味を持つスウェーデン語。友人や知人を招き、フィーカ(お茶の時間) や簡単な食事を楽しむときの、シンプルで気軽なテーブルセッティングが「DUKA」です。

今回の展覧会では「Scandinavian Pattern Collection」に所属する北欧デザイナー26人が参加。「一汁一菜」のテーブルセッティングをテーブルマットとのコーディネートとともに楽しむことができます。和食器という枠にとらわれない自由な発想のデザインも見どころ。発表された作品は、全国のLOFTやオンラインで購入も可能となるそうです。

 


北欧デザイナーによる一汁一菜の器『DUKA―北欧流シンプルな食卓』

会期:2015年3月11日(水)〜24日(火)
会場:スウェーデン大使館 ベルイマン展示ホール 東京都港区六本木1-10-3
時間:10:00-17:30 ※12:30-13:30は閉館
休館日:土日祝日
入場無料
http://www.swedenabroad.com/ja-JP/Embassies/Tokyo/4/3/DUKA–sys/


 

広告