嬉野温泉の蒸気で楽しむ「足蒸し湯」体験

嬉野温泉の蒸気で楽しむ「足蒸し湯」

 

日本三大美肌の湯・嬉野温泉の天然温泉水を、特殊な技術で高温のナノミスト状にした「足蒸し湯」を体験してきました。

出かけたのは、佐世保駅から西肥バスで約1時間の佐賀・嬉野温泉。商店街の本通り沿いにある湯宿広場内に2012年4月にオープンした公共の足湯&足蒸し湯です。足蒸し湯は大分県竹田市に同様の施設があるものの、全国的には珍しいとのこと。

嬉野温泉の蒸気で楽しむ「足蒸し湯」円形になった足蒸し湯の施設は、7人掛けで座れるようになっていて、何かのアトラクションみたい。裸足になり、ひざまで洋服をめくったら、約80度の源泉の蒸気がでている穴の中に足を入れ、木箱でふたをします。このとき蒸気が逃げないよう、木箱と足の間をタオルなどでふさぐとさらに効果的。10〜15分程度蒸すのが適切な利用時間だそうです。椅子には背もたれがあり快適。おしゃべりをしながら、本を読みながらなど、ゆっくりと無理なく過ごすことができます。

ナノミスト化された温泉水の粒子は、約0.38ナノメートル(毛穴の20万分の1)となり、浸透力にすぐれているだけでなく遠赤外線も放射されるため、温まりやすく、温もりも長く続くのだそうです。確かに利用後の散策中も、しばらくぽかぽかと気持ち良さが続いていました。

嬉野温泉に出かけたときは、ぜひ立ち寄りたいスポットです。足湯のほうは、車いすの方も利用できるバリアフリー仕様になっていました。

 


嬉野温泉「湯宿広場」

利用時間:足湯は24時間、足蒸し湯は9:00~20:00
利用料:無料
住所:佐賀県嬉野市下宿乙
佐世保駅から西肥バスで約1時間、嬉野温泉バスセンター下車
嬉野温泉本通り沿いの佐賀西信用組合嬉野支店前


 

広告