有田焼|1616 / arita japan

有田焼の伝統を受け継ぎつつ
新しいデザインアプローチによる器を展開する「1616/arita japan」

2012年のミラノサローネで発表され話題を集めた、有田焼の新ブランド「1616/arita japan(イチロクイチロク アリタジャパン)」。ブランド名の1616は、有田焼創業の年に由来したものです。これからの有田焼を象徴するプロジェクトのひとつとして国内外から注目され、有田焼創業400年事業の「2016/project」へと繋がっています。

 

1616/aritaスタンダードシリーズ

 

華美な装飾を排除したスタンダードシリーズ

有田焼というと豪華な絵付けで、少し古めかしいイメージがありましたが、クリエイティブディレクターを務める柳原照弘さんが手がけたスタンダードシリーズは、高台や華美な装飾を排除したシンプルなデザイン。

軽さと強度を共存させるために素材開発から取り組んだ力作です。スクエアのプレート、ボウル、カップなどのラインナップが、さまざまなサイズで揃います。毎日の食卓で使いやすく、コーディネートしやすいのも魅力。

 

1616/aritaカラーポーセリンシリーズ

 

有田焼の伝統色を再解釈したカラーポーセリンシリーズ

オランダ人デザイナー、ショルテン&バーイングスが手がけたカラーポーセリンシリーズは、有田焼の伝統色を再解釈し、ヨーロッパ的な感覚を融合させた、和でも洋でもない新しい器のスタイルを提案しています。

淡くはかない色の層を重ねる技法は、高度な技術をもつ有田の職人だからこそできる美しい仕上がりです。インテリア雑誌ELLE DECORが選出する「EDIDA(エル・デコ インターナショナルデザイン アワード2013)」のテーブルウェア部門でグランプリを受賞するなど、世界に向けて有田の技術力を発信しています。

 


1616/arita japan(イチロクイチロク アリタジャパン)
http://www.1616arita.jp/


 

広告