九十九島かき食うカキ祭り・冬の陣 [2月の土日祝日開催]

九十九島かき食うカキ祭り

 

佐世保から気軽に行くことができるもうひとつのレジャースポットが「九十九島パールシーリゾート」です。水族館などの施設があったり、遊覧船でのクルージングで九十九島の絶景を楽しむことができます。

その九十九島パールシーリゾートの大芝生広場で、カキのシーズンが始まる11月と、カキが一番おいしい旬の時期2月に開催されるのが「九十九島かき食うカキ祭り」です。特設会場に焼き台400台、1600席が用意され、手ぶらでバーベキューをすることができます。

というわけで、佐世保駅から出ている快速バスに乗り込み、いざパールシーリゾートへ。自宅から30分以内で、こんな絶景の観光地に行くことができるのは、東京ではちょっと考えられないですよね。週末、ゆっくり起きて、午後からふらりと出かけても、たっぷり遊ぶことができます。

特に席の予約などは不要とのことで直接会場へ行くと、焼き台は結構すいていたので、まずはカキを調達しに受付へ。食材の持ち込みは不可なので、ここで、カキや食べたい魚介類などを購入します。木炭(200円)も必要ですが、火種はスタッフの人が入れてくれるので、火をおこす手間もかかりません。席についてすぐバーベキューを楽しむことができる手軽さがいいですよね。食べた後の網の片付けとかもしなくていいし。

 

九十九島かき食うカキ祭り

 

さて、準備ができたら早速カキを焼き網に乗せます。殻付生カキ約1kg(700円)で、約15-20個のカキが入っていました。大人2人でペロリといけちゃう量ですね。実は私はカキが苦手なのですが、採りたての旬のカキならいけるはず!と食べてみたところ案の定おいしくて、初焼きカキ体験は大満足でした。

ちなみに持ち込み不可となっているにも関わらず、食材や木炭をダンボールで持ってきている強者も多し。特に注意もされず、自由だなー。バーベキュー大好きな外人さんたちの参加率も高くて、皆さん思い思いに楽しんでいる様子でした。

昨年11月に初めて行ったのですが、今年2月の開催時期にも、またぜひ食べにいきたいと思っています。

 


九十九島かき食うカキ祭り・冬の陣

会期:2015年2月の土日祝日
時間:10時〜16時(焼き台利用17時まで)
場所:九十九島パールシーリゾート大芝生広場
料金:九十九島殻付生カキ約1kg700円、木炭約1kg200円、軍手・カキ開けナイフセット250円
http://www.pearlsea.jp/oyster-festa2015fuyunojin/


[佐世保から九十九島パールシーリゾートへのアクセス]
佐世保駅前から快速バス利用、九十九島パールシーリゾート下車
出発時間:9:35/10:35/12:35/13:30/14:30/15:30
料金:大人240円 乗車時間約18分


 

広告