長崎出身のプロダクトデザイナー、富田一彦さんの展覧会「トミタリア」開催

トミタリア 富田一彦の世界

トミタリア 富田一彦の世界

長崎県美術館で2015年1月16日から「トミタリア 富田一彦の世界」が開催されます。

富田さんは、長崎出身のプロダクトデザイナー。ロンドンのRoyal College of Art(王立美術大学院)を修了後、1993年にミラノでアトリエを設立。COVO社(イタリア)やNUSSHA(日本)のアートディレクターを務めるほか、世界約120都市以上の産地と連携し作品を制作・発信してきました。

家具、食器、日用品などの作品はいずれも、「意匠二次元半」をキーワードとする自由な造形感覚と、使い手の生活に寄りそうような親しみやすさが特徴です。

「トミタリア」とはトミタとイタリアを合わせた造語。国際的な文化交流とものづくりの伝統を持つ長崎で育まれた独自の世界観を楽しむことができるのでは。

 

●レビュー記事|プロダクトデザイナー・富田一彦さんと巡る「トミタリア」

 


トミタリア 富田一彦の世界
会場:長崎県美術館  長崎県長崎市出島町2-1
会期:2015年1月16日(金)~2015年3月15日(日)
入場料:一般 400円


 

広告