鹿児島睦さんが手がけた太宰府・竈門神社の絵馬

鹿児島睦さんが手がけた太宰府・竈門神社の絵馬

鹿児島睦さんが手がけた太宰府・竈門神社の絵馬

 

福岡県の太宰府にある竈門(かまど)神社は、古来より、縁結び、方除け、厄除けの神様として信仰されており、近年社務所の立て替えプロジェクトで話題となったアートスポットです。

お守り授与所のインテリアデザインをワンダーウォールの片山正通さんが手がけ、社務所の展望テラスにはジャスパー・モリソンさんがデザインしたベンチやチェアが置かれています。

立て替えプロジェクトの様子は、こちらの記事でご覧ください。

 

2015年の干支・未

2015年の干支・未

 

そんな竈門神社にもうひとつ話題のアイテムがあるのをご存知でしょうか?

動植物をモチーフにした個性的な絵柄で、陶器やファブリックなどさまざまなプロダクトを生み出すアーティスト、鹿児島睦さんが絵馬を手がけているんです。
午年に続き、来年の干支・未も制作されたとのこと。本来絵馬は、願い事を書いて奉納してくるべきものですが、あんまりかわいいからお土産に買って帰りたくなってしまいそう。

[余談] 川越氷川神社には大塚いちおさんが手がけた絵馬があります。こういう取り組みが増えているのですね。

 

前回竈門神社を訪れたときは、わざわざ東京から足を運んだのに、まさか一年後に同じ九州エリアに住むことになろうとは・・・。佐世保から福岡までは、バスで約一時間半。素敵な場所がたくさんあるので、もっと頻繁に福岡にも遊びに行こうと思います。

 


宝満宮竈門神社

福岡県太宰府市内山883
http://kamadojinja.or.jp


広告