有田×サンタプロジェクト

有田の街を歩くと、いたるところで目にする大きな煙突。窯元が集まる陶磁器の産地ならではの風景です。
そんな有田のシンボル的な煙突に、この季節、サンタクロースがやってきます。

有田×サンタプロジェクト

 

有田の子供たちは、幼い頃から「サンタクロースは煙突から入ってくる」と信じているのだそう。そんな有田の人たちに馴染みの深い煙突に着目し、町おこしにつなげようと始まった「有田×サンタプロジェクト」も今年で3回目。応法・黒牟田地区を中心に、17カ所の窯元が参加しています。

あまり交通の便が良い場所ではないので、一般の観光客の方は、秋の有田陶磁器まつりのときにシャトルバスを利用して散策するのがおすすめです。

 

有田×サンタプロジェクト

 

「リアルなサンタクロースにこだわった」というだけあり、しがみついてよじ登る様子や、煙突の中を覗き込むお尻など、生々しいポーズでドキッとさせられます。10メートル以上もある大きな煙突には、九電工佐賀支店伊万里営業所の協力のもと、高所作業車が出動して取り付けられたのだとか。

今年はフォトコンテストなども開催され、地元の人たちが楽しんでいる様子が印象的でした。

 


有田×サンタプロジェクト in 2014
期間:11月20日(木)~12月25日(木)
場所:応法・黒牟田・外尾山・丸尾・広瀬山地区


 

 

広告