有田焼|ショルテン&バーイングスがデザインした「Paper Porcelain」世界先行発売

有田焼の「Paper Porcelain(ペーパーポーセリン)」

有田焼の「Paper Porcelain(ペーパーポーセリン)」

 

デンマーク発のインテリアプロダクトブランド「HAY」のエキシビション「HAY Mini Market」

デンマーク発のインテリアプロダクトブランド「HAY」が、ショルテン&バーイングス「Paper Porcelain」を世界先行発売

東京デザインウィーク中、代官山TSUTAYAのT-SITE GARDEN GALLERYで開催された、デンマーク発のインテリアプロダクトブランド「HAY」のエキシビション「HAY Mini Market」で、Scholten & Baijings(ショルテン&バーイングス)がデザインした、有田焼の「Paper Porcelain(ペーパーポーセリン)」が、世界先行発売されました。

 

Paper Porcelain厚紙を折り曲げて作ったような風合いのテーブルウェアシリーズ

ペーパーポーセリンは、グレーの厚紙を折り曲げて作ったような風合いのテーブルウェアシリーズです。コーヒカップ&ソーサー、エスプレッソカップ&ソーサー、マグカップ、サイドプレートが揃います。

厚紙にカッターで筋をつけ、折り曲げたときにできる繊細なラインが、見事に表現されています。まるで紙製のモックアップをそのまま磁器で再現したかのような仕上がりです。型から抜くのが難しく、何度も試行錯誤を繰り返したという有田の窯元の力作を、ぜひ実物でご確認いただきたいものです。

ステファン・ショルテン氏のサイン

 

デザインを手がけたショルテン&バーイングスは、「1616/arita japan」や、有田焼創業400年事業のひとつ「2016/project」にも参加しているデザインユニット。

レセプション時には、ステファン・ショルテン氏が来場していたので、ご挨拶をしつつ、購入したばかりのプレートのパッケージにサインをいただきました!

今後の展開も楽しみにしたいと思います。

広告