有田焼のプロモーション映像をチームラボが制作

チームラボ制作によるショートムービー「ARITA episode 1」

チームラボ制作によるショートムービー「ARITA episode 1」

 

創業400年の歴史ある有田焼を紹介するショートムービー

佐賀県には、有田焼、伊万里焼、唐津焼など各地区にたくさんの磁器生産地があります。

中でも有田は、1616年に陶祖、李参平によって日本で最初に磁器が作られた場所です。

2016年に有田焼創業400年を迎えるにあたり、さまざまなプロジェクトが動き出しています。

そんな有田焼の「新しい時代のはじまり」をテーマに、プロモーション映像「ARITA episode 1」が公開されたので、ぜひご覧ください。

制作を担当したのは、デジタルアート作品を数多く手がけるチームラボ。

400年の歴史が今も残る有田町の風景を、有田焼ゆかりの土地、製作工程など街の様々なシチュエーションで撮影しています。花鳥風月の絵柄が皿から飛び出るCG描写や、有田の街にシ­ョートトリップしたような美しい映像が見どころ。

広告